習い事をしたがる息子と、したがらない娘。

子どもを育てていると、当たり前ですが一人ひとり個性があるのだな、と実感すること多いですよね。

 

我が家は男女の子どもがいるのですが、息子は習い事に熱心で、娘は全く興味がない様子なんです。

習い事

息子は幼少期から現在小学校高学年になるまで2つ習い事を続けており、全くやめる気配がありません。

 

英語とサッカーを習っているのですが、英語は宿題をするのだけが嫌なだけでレッスンは楽しく、サッカーもチームで作戦を考えたり体を動かしたりするのが楽しいとどちらも喜々として取り組んでいます。

 

思い返してみれば、息子はどんなことにも積極的で何でもとりあえずはやってみる!という性格。

 

ゆえに小さいころから、こんな習い事あるけど、どう?と聞いてみると、大概やってみる!と喜んで体験やイベントなどにも参加してくれました。

 

スイミングやプログラミング教室など、体験も色々行きました。

 

積極的なのは嬉しいのですが、あれもしたいこれもしたいがためにかかる、習い事の費用に頭を抱える日々です。

 

対して娘の方は、現在幼稚園児なのですが、こんな習い事あるけど、どう?と打診しても、まだ私小さいし…という本当に小さい子が言うとは思えないセリフをはいて、習い事に行くことを拒否します。

 

体験だけでも、どう?と聞いても、別にいい、と消極的なんです。

 

まだ幼稚園だし種学校に入ってからでもいいかな、とも思うのですが、息子が既に幼稚園の時には習い事をしていましたし、娘のお友達も大体みんな何か1つくらいは習い事をしているので、何となく私も焦りが出てきてしまいます。

 

一度仲のいいお友達がスイミングに通っているというので、一緒に通ってみる?と声を掛けたら、珍しく行ってみたい!と行ったことがあり、私もようやくほっとしたのですが、2週間ほど経って、やっぱりスイミング習うのはやめると言い出した娘。

 

どうして?と聞いてみると、水中に潜るのが怖いから、という回答が…。

 

いやいや、それをできる為に、スイミングに通うんだよ、と説明をしたのですが、イマイチわかってもらえず、お水に顔つけるの怖いし…と言って結局通うのを断念しました。

 

娘はもしかしたら、できないことを他人に見られるのが嫌な性格なのかもしれないです。

 

完璧主義というかプライドが無駄に高いだけというか、教わっている姿を見られるのがもしかしたら嫌なのかもしれません。

 

息子の積極性を少しは分けてほしいと思うのですが、本当にこればっかりは個性なのでしょうがないのかな、と思うようにしています。